ICOIのよくあるご質問

年の途中での入会する場合、月割りの会費を支払う必要がありますか?

いいえ、必要ありません。ICOIはいつ入会しても、12ヶ月分の会員資格と特典を受けることができます。他の組織と異なり、新入会員が1~2ヶ月以内に申しこみ書を提出する規定もありません。毎年、入会した月に請求書が送られます。

歯科インプラントを修復するだけでも本当に入会する必要がありますか?

インプラントを行なうかについて患者さんに尋ねられた時、どのような反応をするかで答は決まるかもしれません。もし“はい”と答えたのであれば、インプラント修復の同業者と比べ、既に50%前進していることになり、ICOIおよび先進的なインプラント補綴部門(IPS)が役立つと思います。我々は歯科医や歯科技工士の皆様にインプラント修復学の教育に的を絞った環境を提供します。しかしインプラント補綴矯正専門の歯科医だけが対象ではありません。ICOIの全会員、専門医、一般歯科医を対象としています。インプラント補綴、トレーニングコース、上級修復資格レベル(専門医)、ICOIの季刊雑誌の補綴分野の記事、多様な治療計画書および患者同意書など様々な内容を扱う年次学会が有益なものになるでしょう。我々が信頼できる、教育的かつ快適な組織であれば、さらなる活動が可能になります。

ICOIは専門家のための正式な組織ですか?

もちろんです! インプラントを行なうにあたり、専門医は新たな挑戦をしなければなりません。例えば紹介元の歯科医とより緊密な協力関係を結ぶことです。良好な関係を築くことが全てのICOIにおける教育の中心と言えます。我々が定期的に有益な改良を加えていることは、ICOIのインプラント補綴部門(IPS)およびICOIのADIAに表れています。歯科インプラントの埋入、修復、補助、補綴物の製作に関わらず、全ての会員がこの挑戦を理解してくれています。我々は全ての歯科担当者および患者に向けてインプラント教育を提供しています。

ICOI会員の資格の違いは何ですか?各資格取得には何が必要ですか?

ICOIは3種類の資格プログラムがあります。ICOI Fellowship(研究医)IPS MastershipICOI Diplomateです。審査委員“Credential Commission”は指導医を意味します。

Fellowship、Diplomateに申請する場合,取得にはどの程度の期間が必要ですか?

ICOIへの入会後すぐに資格申請をすることができます。インプラント経験者の会員登録、新会員の資格申請も歓迎しています。ICOIのシンポジウムには適正な資格を持った会員が参加しています。詳細な情報、申請についてはICOIの日本事務局に連絡してください 。ICOI Diplomateは筆記試験があります。

ICOIが主催するシンポジウムへの特別会員割引はありますか?

新会員や既存の会員へ参加を促すための割引料金プログラムがあります。新入会員:入会前1年以内の事前登録および地域の希望するICOI会議への参加は正規料金の10%割引が適用されます。クリニックのスタッフを同伴する場合にも適用されます。

委員会への貢献、テーブルクリニックなどの発表ICOIへの関わりを深くするためにはどのようにしたらいいですか?

新入会員、既存会員、資格取得者を問わずICOIに関わることをお勧めします。会員の参加が我々の組織を動かし、世界規模へと発展させることに繋がります。アジア太平洋の総責任者であるKate E.Matsumoto氏にE-mailし、専門分野についてお知らせ下さい。icoi.kate.matsumoto〔at〕gmail.com
※迷惑メール防止のため〔at〕と表示しております。送信の際には@に変換してください。

^